注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

大隐隐于世!

日本語教育に従事する

 
 
 

日志

 
 

曹先生の豆知識(1513)  

2014-09-13 23:10:31|  分类: 曹先生の豆知識 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 人々の生命と生活を一瞬にして打ち砕いた阪神大震災、それを人々はどう受け止めたか。この手紙は若い世代の代表的な感想だろう。地震は大変な物理的衝撃であっただけでなく、離れた地域にいた人々にとっても、価値観を揺るがす文化的衝撃だった。

 実は空襲を体験した人々が、同じような衝撃を50年前にウk多。空襲と天災は別物だが、襲撃は似ていた。以後、空襲を体験した世代の多くは、日本が高度成長を続け、繁栄しても、心のどこかで「これがいつまでも続くわけはない」と感じ続けていた。

打ち砕く(うちくだく):打碎、摧毁

警官は一撃で窓を打ち砕き部屋に突入した。

彼の機敏な行動が敵の計画を打ち砕いた。

揺るがす(ゆるがす):动摇、震撼

世界を揺るがすようなニュース

長年の赤字続きが会社の基盤を揺るがすことになった。

 对于把人的生命、生活毁于瞬间的阪神大地震,人们是怎么看的呢?这封信也许代表了年轻一代的想法。地震不但是物质上的破坏,而且对于住在未受到地震袭击地区的人来说也是一种动摇价值观的文化冲击。

    实际上,经历过空袭的人在50年前就曾受到过同样的打击。空袭和天灾虽然是两码事,但打击是相似的。此后,经历过空袭的一代人中的大多说人始终认为,即使在日本高速发展、繁荣的时候,“这样的生活不可能一直持续下去。”

  评论这张
 
阅读(78)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017