注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

大隐隐于世!

日本語教育に従事する

 
 
 

日志

 
 

曹先生の豆知識(1484)  

2014-08-14 13:46:49|  分类: 曹先生の豆知識 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 同区内では、少しずつ個人の家での利用も始まっている。町のあちこちには「会古路地」などの試みもある。小さな広場をつくり、地下タンクに雨水を貯蔵する。その水を、菜園や街路樹にまき、空き缶洗い、防災などに役立てる。江戸時代の天水桶の知恵である。

 墨田区がこの問題に取り組み始めてから10年もなっていない。なぜ雨水利用を重視するのか。区によると、3つの理由がある。第一に、自前の水源確保。上流の利根川水系にダムを増やさないでもすむよう、節水に努める。第二に防災。古くは関東大震災の経験もある。水道管は破裂する。

会古路地(えころじ):这是根据英语的”ecology”编出来的词语。意思是“生态学”

自前(じまえ)自费自理

旅費は自前だ。

食費は自前だ。

     在本区,有些人家庭也渐渐开始利用雨水。区里到处都在做生态学试验。建了小广场,利用地下水箱储存雨水。人们用这些雨水浇菜园和路边的树、洗空罐、防灾等。这就是江户时代“天水桶”的智慧。

     墨田区从开始做这件事到现在还不到10年。为什么如此重视利用雨水呢?根据区政府的说法,有三个原因。第一,确保本区的用水。为了不在利根河上游增建水坝而努力节约用水。第二,防灾。从以前的关东地震得到的经验是:水管会破裂。

  评论这张
 
阅读(49)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017