注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

大隐隐于世!

日本語教育に従事する

 
 
 

日志

 
 

曹先生の豆知識(1418)「漢字の伝来」  

2014-06-09 18:02:13|  分类: 曹先生の豆知識 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
 古代の日本人が、自ら考案した文字を用いていたとか、用いていなかったという論議は、今では固有の文字は存在していなかったという説n落ち着いています。ということは、私たちの祖先の生活は、文字を知らない、文字のない生活だったということになります。
 にもかかわらず、現在、私たちは漢字?平仮名?ローマ字?算用数字などを駆使して言語生活を営んでおり、このような文字の種類の多さは、アルファベットで表示をする言語、あるいは漢字だけで表記する言語を母語としている日本語学習者たちを辟易させています。
 算用数字だけで文章を書く習慣は一般的ではないので、これはひとまず除外して、漢字?平仮名?片仮名?ローマ字と数えてみると、四種類もの文字が存在する文字の体系を世界の多くの言語が持っているわけではありません。
 遠い先祖たちに、ちょっと失礼な表現かもしれませんが、いわゆる無文字の社会であったと思われる古代日本のいったいどの時点で、彼らは文字を用いることを知ったのでしょうか。
 だいたい、応神天皇の代に『論語』『千字文』が日本に伝来したと言われていることから推察すると、日本人はおおよそ1700年から1600年ぐらい前のころには、漢字を目にしていたと思われます。明記した文献がないので、はっきりとしたことは分かりにくいのですが、このころか、それよりも前からか、今から約1600年ぐらい前に、ともかく中国の漢字が古代の日本に伝来し、一部の日本人は漢字の存在を知りました。この我々の祖先が真っ先に触れた文字は、中国語の社会で考察され、中国語を表現する手段の文字、すなわち漢字でした。


  评论这张
 
阅读(132)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017