注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

大隐隐于世!

日本語教育に従事する

 
 
 

日志

 
 

曹先生の豆知識(1412)「国語教育における文法とは」  

2014-06-03 21:25:21|  分类: 曹先生の豆知識 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 国語教育は、日本語を母語として話したり書いたりできる人を対象にしており、通常小学校で正式に始められます。母語を話す能力は4~5歳ごろに完成するという説もあり、多くの子供たちは小学校入学時以前に多様な基本文型を習得しています。そして、小学校や中学校の国語教育の場で、既に体系的に習得している言葉である日本語が、文法という規則で構成されていることを認識します。それまで無意識に使っていた言葉が名詞、助詞、動詞、助動詞などで構成されていること、動詞や形容詞のさまざまな形を一括して活用と呼ぶのだということなどを改めて勉強します。「五段、上一段、サ行変格」といった動詞の種類や「未然、連用、連体」といった活用形の名前を覚えたり、「書かない、書きます、書く、書く時、書けば、書こう」とお経のように唱えながら、動詞の活用を丸暗記したことを覚えていらっしゃるのではないでしょうか。

 日本語を母語として育ってきた日本人は、文法知識を知らなくても、立派に日本語を話したり書いたりできます。日常生活で文法を意識しながら日本語を使うことはほとんどありませんし、その必要もありません。ですから、文法の授業の思い出と言えば、試験に出ること以外に学ぶ必要性のない、退屈きわまりないものだったという印象を持っている人が少なくないようです。

  评论这张
 
阅读(82)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017