注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

大隐隐于世!

日本語教育に従事する

 
 
 

日志

 
 

曹先生の豆知識(1424)「ローマ字」  

2014-06-15 14:04:58|  分类: 曹先生の豆知識 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 室町末期になって、布教を目的として渡米したポルトガルの宣教師たちが用いたローマ字のつづり方が、日本における最初のローマ字です。例えば:

カ行は、ca/qa  qi/qui   cu/qu   qe/que   co

ガ行は、ga      gui        gu/gv    gue        go

 などとポルトガル語に基づいたつづり方で、日本語を表記しました。

 江戸幕府の政策により、西洋の国々の中では、オランダとだけ通商を行ったため、オランダ語に基づくローマ字が蘭学者などによって用いられました。幕末になると、ドイツ式、フランス式などが行われました。

①ヘボン式

 明治期に入り、「羅馬字会」が子音を英語、母音をイタリア語によって表したつづり方を会として定めました。これを、ヘボン(J.C.Heqburn)が『和英語林集成』第三版(1986年)で採用しました。これが「標準式」「ヘボン式」「修正ヘボン式」などと呼ばれるつづり方であり、発音に基づいた方式です。

②日本式

 一方、田中舘愛橘は羅馬字会の発音に従った方式「ヘボン式」に反対して五十音図に基づいたつづり方を主張しました。これが「日本式」と呼ばれるつづり方です。

③訓令式

 ヘボン式と日本式との二者の対立により、つづり方も二通りが誕生してしまったので、統一を図るために、昭和12年(1937年)に内閣訓令として「訓令式」が公布されました。しかし、訓令式は日本式を多く採用したものでしたので、ヘボン式の支持者の賛同は得られず、結局対立を統一することはできませんでした。

 昭和29年(1954年)に「ローマ字のつづり方」が内閣の告示として出され、一般には第一表の「訓令式」を、慣例を改めにいくい時には、第二表の「ヘボン式」と「日本式」を用いてもよいとしています。しかし、JRの駅名や道路に見られる町名表示などにはヘボン式が多く用いられる一方で、初等教育では訓令式が用いられていて、明治以来の不統一はいまだに解決されていません。

  评论这张
 
阅读(39)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017