注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

大隐隐于世!

日本語教育に従事する

 
 
 

日志

 
 

曹先生の豆知識(1421)「万葉仮名」  

2014-06-13 09:46:06|  分类: 曹先生の豆知識 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 文字を用いて記録することを知った古代の日本人は、次第に中国語(漢文)だけではなく、中国語にはない固有名詞なども表記しようとするようになり、更に、漢字の音を借りて日本語の音を表記する「音仮名」を工夫しました。「あめ」ということばを「安米」、「はな」ということばを「波奈」と表記するという方法です。漢字本来の意味とは無関係に、日本語の音によく似た音の感じを借りたのです。

 次に、漢字の訓が定着したところ、訓を用いて日本語の音を表記しようとした方法を、「訓仮名」といいます。「やまと」ということばを「八間跡」、「なつかし」を「夏樫」と表記するような方法です。

 今の私たちは、「あ」という音節を表す平仮名は一種類の表記しか持っていませんが、古代の日本人は「阿」「安「英」「吾」「足」など複数の文字を用いていました。これらの文字を「万葉仮名」といいます。当時の人々が自分たちの用いている文字をそう呼んでいたわけではありませんが、『万葉集』などに多く見られる文字使いなので、後世の我々が「万葉仮名」と呼んでいるのです。

  评论这张
 
阅读(90)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017