注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

大隐隐于世!

日本語教育に従事する

 
 
 

日志

 
 

曹先生の豆知識(1410)「日本語の『音節の構造』」  

2014-06-01 11:45:44|  分类: 曹先生の豆知識 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 母音を核として、切れ目なく一気に発音される連続した音のことを音節と言います。日本語の場合は、仮名の各文字が一つ一つの音節を表しています。例外は、「きゃ、きゅ、きょ」のような拗音の場合です。「き」に「ゃ、ゅ、ょ」のような小さい文字が付いてますが、合わせて1音節です。日本語の音節の数は、前述のとおり、基本的な音で101、最近では115程度あります。これは他の外国語と比べて、極端に少ない数と言えます。

 日本語は音が少ないばかりでなく、音節構造も極めて単純です。種類も後で述べる特殊音節を除くと、次の3種類しかありません。

音節の種類               音節の構造                 例

(1)標準音節             子音(C)+母音(V)           か(k+a)

(2)母音音節             母音(V)                  あ(a)

(3)拗音節              子音(C)+半母音(S)+母音(V)   きゃ(k+y+a)

 日本語の音節としては、拗音節が一番複雑な構造ですが、英語の音節と比べればそれが如何に単純な構造であるかが分かります。

例: きゃ(拗音節/1音節) k+y+a(C+S+V)

   spring (1音節)    s+p+r+i+n+g(C+C+C+V+C+C)

 また、日本語の音節には必ず母音で終わるという特徴があります。これを開音節と言います。これに対して、英語のspringは子音で終わっています。このような音節を閉音節と言います。

 原語が英語の外来語を英語話者が聞いても、もとの単語が何なのか分からないということがよくあります。これは外国語が日本語化される場合、日本語的な音節構造に転換されるためです。例えばspringの場合は、日本語には子音が連続する音節がないため、それぞれの子音に母音が加えられます。その結果、音節の数が原語とは比べものにならないほど増えてしまい、言語とはまったく別の音に聞こえるのです。

例:   英語             spring                       1音節

     日本語            スプリング(su+pu+ri+n+gu)          5音節

 もとは同じ言葉でも、日本的な音節構造に転換される時、別の分野で違う母音を付けられ、異なる発音で使われていることもあります。

例:    strike(英語)→    ストライキ(su+to+ra+i+ki) 労働組合用語

                   ストライク(su+to+ra+i+ku) 野球用語

 日本語では、各音節が同じ長さで発音されます。このような同時性を持つ音節は「拍」とも呼ばれます。外国人の耳には日本語は「だだだだ」とマシンガンのように聞こえると言われていますが、これは、日本語の各音節がほぼ同じ長さで話されるためです。   マシンガン:机关枪

 例えば「山」(やま???2音節/2拍)」と話す時と「山々(やまやま???4音節/4泊)」と話す時とでは、所要時間の比は1:2になります。早口の人も、ゆっくり話す人もいますが、この1:2の時間的な関係は相対的に保たれます。この拍の等時性こそが音声面で最も日本語らしさを示す特徴です。

  评论这张
 
阅读(178)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017