注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

大隐隐于世!

日本語教育に従事する

 
 
 

日志

 
 

曹先生の豆知識(1419)「音読み?訓読み」  

2014-06-10 19:19:06|  分类: 曹先生の豆知識 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |

 海のかなたから伝来した模様めいたものが文字であることを知った最初のころの日本人の受け取り方はどんなであったでしょうか。パソコンやインターネットの普及に泡を食らう思うの我々以上の情報革命であったことは想像に難くありません。最初は中国語そのものを用いて記録し、記録されたものは中国語で読んでいたのでしょう。しかし、彼らは、時が経つにつれて、日本固有のことば(やまとことば)を、漢字で書き表すことを行い、やまとことばと、それを表記する漢字とが次第に固定するようになりました。これがいわゆる「訓読み」です。

 一方、伝来の漢字を中国語で読んだもの(あくまでも日本風の発音であったはずですが)を「音読み」といい、ここに一つの漢字に対して、訓読み?音読みの二通りの読み方が誕生したのです。

 「西」を「せい」とか「さい」と読むのは「音読み」であり、「にし」と読むのが「訓読み」です。

  评论这张
 
阅读(81)| 评论(0)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2017